FC2ブログ

H2O わくわく発見記

主に植物、科学、国際協力などの分野で出会ったこと、感じたことなどをまとめていきます。今日はどんな出会いが待っているでしょう?いくつになってもワクワク!みなさまよろしく!

草原の植物

0. S
日本では尾根筋とそれから少し下がった場所とでは乾燥の条件などが違って植生も変わりますが、ここの草原は乾燥していて、おまけになだらかで広いので、草原でも風が強く、草原の草が低い今、尾根筋と条件は大きくは変わらないようで、山の上と下とで共通する種も多くありました。

その代表者が青いオキナグサ。
ただ彼らは尾根筋のマット状の植物とは違い、やや岩陰や風当たりの弱いところに出る傾向がありました。
0.ヤラゴイSDSC01203
ところで、乾燥した草原には、このオキナグサのように「地面からいきなりにょっきり型」の植物がいくつか見られます。
右下にオキナグサの芽立ちがありますが、綿毛に包まれて地面から顔を出すや、大きな花を咲かせています
競争相手のいない草原で、いち早く花を咲かせて受粉を済ませ、その後で葉を広げて栄養成長をするもの達のようです。

これはIris  tigridia アヤメ科アヤメ属の植物です。アヤメのミニチュア版ですね
0.5 Iris tigridia SアヤメDSC01083
色が薄いもの、濃いものいろいろですが同じ種です
1.Iris tigridia SアヤメDSC01020
2.Iris tigridia SアヤメDSC00999
上から見ると「彩目」がよく見えます
3.Iris tigridia Sアヤメ DSC00988
これは蕾の状態5.Iris tigridia SDSC01470
これもにょっきり型。花が大きそうですね。さてどんな花が咲く?7.S DSC00899
キク科で花はタンポポのようですね。この葉にこの花、意外ではないですか?8.Scorzonera austriaca  SDSC01534
これが花が開いた姿です。Scorzonera austriaca キク科フタナミソウ属9.Scorzonera austriaca  SDSC01339
モンゴルのタンポポはこちら。Taraxacum mongolicum キク科タンポポ属
10.Taraxacum mongolicum      Sキク科 DSC01063
総苞片は反り返らず、総苞の先に突起があるのが特徴だそうですが、これはあまりはっきりしませんね。
UBでは総苞が反り返っているタンポポもあり、2種類のタンポポを確認しています。
11.Taraxacum mongolicum    sDSC01030
草原を這うように伸びる葉から白い旗を立てているのはマメ科ゲンゲ属 Astragalus galactites 
この記事の先頭の風景写真で、草原に白い部分が見えるのはこの花の群落です。
12.Astragalus galactites          Sマメ DSC00961
気品のある白ですね
13.Astragalus galactites          Sマメ科DSC01541
夕日を受けて輝く白い花たち。妖精のようです
14.Astragalus galactites          Sマメ科DSC01433
これも地を這っていますね。バラ科クサキンロウバイ属 Sibbaldianthe adpressa です。
15.Sibbaldianthe adpressa DSC01079
次はアブラナ科 種名属名現在不明です。この植物も下方の草原から山の上部まで広く見られました
16.Alyssum sp DSC00890
17.Sアブラナ科DSC01438
これは違う種ですね。アブラナ科の??。山の上の草原で黄色いオキナグサと共にたくさん咲いていました。
18.Sアブラナ科DSC01371
これは前のものと違いそうですが・・・・同じかな?
19.アブラナ科 DSC01252
トウダイグサ科トウダイグサ属 Euphorbia sp.。種名は不明です
20.SトウダイグサDSC00908
ムラサキ科の植物 これも種名は不明
21.borage Family  SDSC01354
拡大したところ。周囲に馬や牛の糞が必ずあり、養分の多いところをこのんでいるのかも。
22.borage Family  Sムラサキ DSC01029
草原ではこれから伸びるのを待っているもの達がたくさんでした。寒さ対策、かじられ防止対策を見てやってください。
これはアザミの仲間ですね
23.SアザミDSC01454
これも別のアザミの仲間
24.SアザミDSC01455
これも特徴のある葉ですが、何科か見当もつきません。
26.S DSC01529
これ、何でしょう?これも山の下から上まであちこちで見られました。他のもの達が毛で覆われているのにそういう対策もなく、お主、何者??
25SDSC01000.jpg
なんか中途半端な報告でごめんなさい。
草原はしばらくすると背の高い草たちで覆われることになるでしょう。これらのものたちと交代するのでしょうか?(いくつかはこのまま伸びるのでしょう)
変化を追っていけると面白いでしょうねえ。チャンスがあれば是非また見てきます!

  1. 2012/05/14(月) 01:16:13|
  2. 植物
  3. | コメント:4
<<枯れ木に花を・・・ | ホーム | 尾根筋の植物たち>>

コメント

\(^o^)/
花の宝庫だ~すごーい!
ひろみさん興奮されたでしょう!😍😍😍😍😍
  1. 2012/05/14(月) 06:45:20 |
  2. URL |
  3. Masako #-
  4. [ 編集 ]

Masako様

サイバーショット、活躍中。くっきり写真ばっかりですけど・・・・共に喜んでくださってありがとうございま~す!

  1. 2012/05/14(月) 19:48:49 |
  2. URL |
  3. H2O #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

すごい!!

ひろみさま
 地面からにょっきりのアヤメにはおどろきですね。
 初めて見るものばかりで興奮しっぱなし。 これからがますます楽しみです。
  1. 2012/05/14(月) 20:32:27 |
  2. URL |
  3. でこちゃん #-
  4. [ 編集 ]

でこちゃん 様

いつもコメントありがとうございます。短い春夏を生きる植物なのできれいですよね。出来る限りチャンスを生かして報告しますね!
  1. 2012/05/14(月) 20:48:26 |
  2. URL |
  3. H2O #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エイチツーオー

Author:エイチツーオー
ただいま海外シニアボランティアとしてモンゴルに派遣されています。植物と科学実験大好きです。
モンゴルではなかなか簡単に植物観察ができませんが、素敵な出会いがあったらUPします。皆様よろしく!
植物は素人ですので記事に間違いがある可能性があります。間違っていましたら教えてくださいませ。この場でまとめながら勉強したいと思っています。よろしくお願いいたします。

ようこそカウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (4)
植物 (105)
その他 (1)
動物 (2)
写真 (1)