H2O わくわく発見記

主に植物、科学、国際協力などの分野で出会ったこと、感じたことなどをまとめていきます。今日はどんな出会いが待っているでしょう?いくつになってもワクワク!みなさまよろしく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

見目うるしし

まあ、「見目麗し」でしょ。タイトルで間違えていちゃあだめじゃないの、と思ったあなた、「わくわく」初級ですぞ。
「あ、今日はウルシ科のなんかでしょ」、と思ったあなた、「わくわく通」でいらっしゃる。
見切られない努力はしてるんですが、タイトル考えるのなかなか”うるしー”(苦しい)んですよ)。

いつまでも馬鹿言ってないで本題に入りましょう。これはヤマウルシの花で6月に花が咲きます。見たことありましたか?
近寄ってみましょう。
①DSC07987S
こんな花。ごらんの通り花には雌しべの影がみえません。それもそのはず、ウルシ科は雌雄別株で、これは雄花ですから。
黄色く見えるのは雄しべの葯ですね。
②DSC07981S
雄花はいかにも「花が咲いています」といった感じで豪華です。枝振りもウルシ科らしいですね。
③DSC07983S
こちらが雌(もう若い実です)。どれが果実なの、と探してしまいますね。地味です。
④DSC08727S
これが近寄ったところ。果実が毛だらけ。この毛がウルシ科の中のヤマウルシの特徴です。秋になると外側が褐色になり、その中から驚きの種子が現れます
⑤DSC08725S

ね、おしゃれでしょう?ウルシ科はみんなこうなのかって?いえいえ、みんなではありません。
むしろ白黒ストライプの種子は少なく、他はみんな褐色やオレンジの種子です。
この白いのはロウ質。鳥たちはこのロウ質が大好きです。
⑦DSC04217S
白黒ストライプ種子仲間ですね。これはツタウルシ。
⑧ツタウルシ果実2
これが全体像です。ツタウルシは名の通り蔓性で、左の写真のように樹に巻き付いています。そして右の黄色く見えるのは花です。
⑨DSC02848S2ツタウルシ
これが拡大写真。ご明察の通り、派手な花は「雄花」でした。雌花も近くにあったと思うのですが、このときは探そうとすらしませんでした。雌花が見てみたいです。
⑩DSC02847obana
ウルシ科の仲間はかぶれる人が多いですが、中でもツタウルシは強烈。
ひどい人は木下を通ったり、近づくだけでかぶれるのだとか。
ずっと昔、ツタウルシの葉を「先生、これなんですか~~?」と素手でむしって持って行って、先生にあきれられました。かぶれなかったので更にあきれられたのを覚えています。かぶれるか否かは人によるんですね。
写真のように秋になると真っ赤に紅葉します。もっときれいなんですが、いい写真が無くて・・・
⑪DSC08984S
さて、地味だけどウルシの仲間って思ったより「見目麗しい」と思っていただけました?
そう思っていただけたらこんなに”うるしー”(嬉しい)ことありません!!
  1. 2011/06/26(日) 00:00:42|
  2. 植物
  3. | コメント:0
<<ちっちゃな花の物語 | ホーム | ウリ夢中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エイチツーオー

Author:エイチツーオー
ただいま海外シニアボランティアとしてモンゴルに派遣されています。植物と科学実験大好きです。
モンゴルではなかなか簡単に植物観察ができませんが、素敵な出会いがあったらUPします。皆様よろしく!
植物は素人ですので記事に間違いがある可能性があります。間違っていましたら教えてくださいませ。この場でまとめながら勉強したいと思っています。よろしくお願いいたします。

ようこそカウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (4)
植物 (105)
その他 (1)
動物 (2)
写真 (1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。