FC2ブログ

H2O わくわく発見記

主に植物、科学、国際協力などの分野で出会ったこと、感じたことなどをまとめていきます。今日はどんな出会いが待っているでしょう?いくつになってもワクワク!みなさまよろしく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛しいあなたは 今どこに

これはイナモリソウ。今の時期に見られる花です。
アカネ科イナモリソウ属Pseudopyxisの1種。プセウドピクシスなんて、メアリーポピンズの呪文のようですね!
アカネ科らしい対生のきっちりした葉で、几帳面な子が几帳面に描いた花のようです。
①DSC08075S
実はイナモリソウ、秘密があって、異形雌しべなんです。つまり、雌しべが長いタイプと短いタイプがあるって言うこと。
もう、これは雌花(雌しべが長い方)、雄花(雌しべが短い方)、って言っていいのでは、という方もいます。
下の写真を見ていただいてどっちがどっちかおわかりいただけますね。
②DSC080751S連結
下の写真は両方とも雄花型ですが、左の方が若いステージ、右の方が古いステージで、雄花型のものは咲いたときから終わるときまでずっと雄花だと言うことがわかります。
③イナモリソウ連結
花弁がちぎれている花がありました。この部分でもまだ「短雌しべ」は見えてきません。ちっちゃいのだなあ(退化している?)
④イナモリソウ5
植物の大先輩のO様が参考に、と送ってくださった写真は殆どが雄花型で、私が自分で撮ったものは殆どが雌花型でした。場所によって雄花型が多い場所と雌花型が多い場所があるのでしょうか。並べてみたので見てください。(上の列は雌花型 下は雄花型です)
⑤イナモリソウ連結雄雌
高尾山には高尾山で発見されたホシザキイナモリソウというイナモリソウの変種があります。
1)花弁がイナモリソウは5枚だがホシザキイナモリソウは6~7枚のものが多い(5枚もあります)
2)ホシザキイナモリソウの花弁は細く、縁がまくれている
などが区別点です。
⑥DSC08075S
この花もイナモリソウと同じ異形雌しべのようです。下の写真の株は雄花型ですね。
⑦DSC080801S
この写真では花弁に葯がどのようついているのかよくわかりました。
⑧DSC080941S
並べてみましたが、みんな雄!  私が歩いたコースでは雌は一つも見られませんでした。きっとどこかに雌がいるのでしょう。「愛しいあなた(雌)は、今どこに~~♪」
⑨ホシザキ
ところで、雄花型が結実しないのだとすると、イナモリソウの仲間は多年草なので、数年間は花が咲くとしても、この花たちが咲いている場所ではしばらくするとホシザキイナモリソウが見られなくなるのでしょうか?
それとも、今年は雄型、来年は雌型と年度で代わるとか、あるいは芽が出て初めの頃は雄で、数年咲くと雌になるとか、同じ場所に咲く花でも変化するのでしょうか?
皆さんはどう思います?これは継続して何年も観察しないと答えが出ないでしょう?高尾山では観察を多年行っている方がいるはず。知っていたら教えてくださ~~い!!

イナモリソウにはフイリイナモリソウというのもあるそうです。見てみたいです。
歩くたびに何かが宿題になっていきます。昨年の宿題はだいぶ解決したものもあるのですが、この課題はまだまだ時間がかかりそう。しばらく観察が出来ない私に代わって、みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

追記

昨日、ホシザキイナモリソウの雌花型が見つかったので追記します!!
やっぱりあったんですねえ。雌しべの長いものが。残念ながらもう終わって子房の所から花弁が落ちてしまっていましたが、とりあえず、ホシザキの方にも2タイプがあるのはわかりました。しかも、赤い矢印の所、葯のようなものが見えています。これからするとイナモリソウの雌しべ型も毛がたくさんあった入り口の奥に、退化した葯を隠しているのかもしれません。
多くの花が雄花の時期、雌花の時期をずらしたり、こうやって雄花型、雌花型になったりしているのですね。
皆さんもイナモリソウの中、見てみてください!毎年出会うその子が、同じ性なのか、ぜひ確認してくださいね!
DSC00722ホシザキイナモリ
*写真をたくさん貸していただき、いろいろ教えてくださったO様に感謝を捧げます。今回はH3Oでしたね!

  1. 2011/06/15(水) 18:03:24|
  2. 植物
  3. | コメント:0
<<Berry tasty | ホーム | Singing in the rain>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エイチツーオー

Author:エイチツーオー
ただいま海外シニアボランティアとしてモンゴルに派遣されています。植物と科学実験大好きです。
モンゴルではなかなか簡単に植物観察ができませんが、素敵な出会いがあったらUPします。皆様よろしく!
植物は素人ですので記事に間違いがある可能性があります。間違っていましたら教えてくださいませ。この場でまとめながら勉強したいと思っています。よろしくお願いいたします。

ようこそカウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (4)
植物 (105)
その他 (1)
動物 (2)
写真 (1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。