FC2ブログ

H2O わくわく発見記

主に植物、科学、国際協力などの分野で出会ったこと、感じたことなどをまとめていきます。今日はどんな出会いが待っているでしょう?いくつになってもワクワク!みなさまよろしく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Singing in the rain

ジーン・ケリーの「I’m singing in the rain(雨に唄えば)」ご存じの方多いと思います。恋人と思いが通じ合って、どしゃぶりの雨だって楽しくってしょうがない、と、歌って踊るシーン、VTRで何度も繰り返してみました。(今はそのシーンだけネットでただで見られるのですね!)
雨はやはり嫌ですけれど、デジカメで拡大撮影が容易になって、雨の時や雨後の植物を見ると、また違った世界が見られ、思わず I’m singing in the rain too!
さあ、ご一緒に水の表面張力の大きさのおかげで可能になる、神秘の世界を探検しましょう。

雄しべ、雌しべの先に雨滴が球になるのはよく見る光景ですが、キリンソウの花は雄しべ雌しべが花からピンとつきだして、水玉がつきやすい花の形ですね。
①DSC08234キリンソウ
キリンソウ・・ベンケイソウ科キリンソウ属Phedimus
②DSC08234キリンソウ2
これはシモツケ バラ科シモツケソウ属Spiraea。キリンソウと科は違うけれど、雄しべが花弁からつきだして多数である、という共通性があり、水滴がきれいです。
③DSC08165シモツケ
これは面白い水滴の付き方。花の中央に水滴が盛り上がっています。
ワスレナグサ ムラサキ科ワスレナグサ属。普通なら雄しべはちょっと奥まったところにあって見えにくいですが、水滴がレンズになって、花の中がルーペで見たようによく見えますね。おもしろ~い!
④DSC08192ワスレナグサ
ワスレナグサはヨーロッパ原産で北海道や本州の中部に野化して広がっています。
⑤DSC0819122
日本で見られる主なワスレナグサ属Myosotis の仲間はワスレナグサとエゾムラサキの2つ。下の写真がエゾムラサキで、ワスレナグサの茎が横に這う、に対して直立します。
⑥DSC05785ezomurasaki
エゾルリソウは萼が深裂、鍵状の毛があります。図鑑やネットの写真を見るとエゾルリソウの花弁はより先が尖っているようです。
⑦DSC0819123rennketu
5月14日の記事「UFO」で紹介したヤマグルマの果実も少し太って色が違い、そこに水滴がついてUFOというより王冠のようになっていました。
子房の周りに雄しべが広がる様子のステージを見逃してしまいました。今は雄しべの痕が見えています(青い矢印)
⑧DSC08230ufo
少し上から見てみました。水玉の乗り方がよく見えるでしょう?
⑨DSC08231ufo
5月14日の記事「二角獣現る」、でご紹介したヒュウガミズキの果実がこんなになって雨に濡れていました。雨に濡れた姿も可愛いですね。
⑩DSC08278ヒュウガミズキ
左側の果実なんて「カネゴン」そっくり。(ウルトラQという特撮ドラマにでてきた怪獣の名前です。見てなかった私が知っているぐらい有名な怪獣。懐かしいと思うあなたは同年代?)
蛙のようでもあり、面白い形状ですね。

ウツギの花の後の果実がこんなになっていました。まさに「雨に唄えば」で、音符のようじゃありませんか?
⑪DSC00100ウツギ連結
背景で、ぼけてはいますが、ウツギの花が白いウエディンドレスを脱いで(①)、上を向いて立ち上がり(②、③)、若い母親(中には子供(種子が)いる)になる変化(④)が見ていただけますね。
下を向いて咲いていたウツギは果実になるときに全て上を向くわけです。
⑫DSC08334ウツギ
物語が出来そうな、クリの雌花と雄花の様子。雄しべの先の水滴がきれいです。
⑬DSC08203栗
サンショウバラのとげは、水滴を棘の根元にためていました。
⑭DSC08274サンショウバラ
キンギンボク(ヒョウタンボク)は水滴をまとって、より美味しそうになりました。何で鳥が食べても毒ではないのに私たちには毒なのでしょう・・・・無念。
⑮DSC08300ヒョウタンボク
雨でも素敵になる花もたくさんあるのですね。梅雨の時期ですが、さあ、Let’s sing in the rain!
  1. 2011/06/14(火) 12:00:00|
  2. 植物
  3. | コメント:2
<<愛しいあなたは 今どこに | ホーム | なめたまねしてくれて、ありがとよ>>

コメント

おー ビューティフル!!みずみずしいですね。梅雨もまた楽しですが、やっぱりほどほどのお湿りにしてほしいものです。
  1. 2011/06/15(水) 11:04:47 |
  2. URL |
  3. 葵 #-
  4. [ 編集 ]

ピッチピッチチャップチャップランランラン

葵様

雨の日は晴れの日にない眺めが見られますね。おっしゃるとおり土砂降りは困りますけど。梅雨を楽しんでいきましょう。モンゴルは乾燥しているので梅雨の湿気を楽しんでおいてください、とモンゴルの隊員様よりのお言葉です

  1. 2011/06/16(木) 15:35:08 |
  2. URL |
  3. H2O #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エイチツーオー

Author:エイチツーオー
ただいま海外シニアボランティアとしてモンゴルに派遣されています。植物と科学実験大好きです。
モンゴルではなかなか簡単に植物観察ができませんが、素敵な出会いがあったらUPします。皆様よろしく!
植物は素人ですので記事に間違いがある可能性があります。間違っていましたら教えてくださいませ。この場でまとめながら勉強したいと思っています。よろしくお願いいたします。

ようこそカウンター

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (4)
植物 (105)
その他 (1)
動物 (2)
写真 (1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。