H2O わくわく発見記

主に植物、科学、国際協力などの分野で出会ったこと、感じたことなどをまとめていきます。今日はどんな出会いが待っているでしょう?いくつになってもワクワク!みなさまよろしく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天を目指すもの

①DSC06468
青空に黄葉が映えてます。今は春、そして天を目指して登るこれは何?

近づいてみました。丸っこく、細かい鋸歯のある葉をもつ、蔓性の植物。
②DSC06458s
正体はこれ、ツルアジサイでした。ツルアジサイも芽吹くとすぐに花芽が準備されているのですね。
③DSC06243s
芽立ちを順を追ってみていきましょう。例によっていろいろなステージが混在しているので繋げると成長の過程が見えます。
他の木の幹をはい登っている枝から出ているのは気根だそうです。(2年枝以上にでる)
また、樹皮が縦に細く紙状にむけるのも特徴。(知らずに撮ってましたが)
④DSC06609ツルアジサイs
新芽は葉裏の様子を見せてくれています。「脈に沿って短い毛が生えている」のがはっきりわかります。
脈腋に毛が密生するそうですが、それまではわかりませんね。
⑤DSC06610
この段階になるとツルアジサイの葉らしくなってきました。細かい鋸歯が片側に30以上あるそうです。
⑥DSC06220s
ツルアジサイの花は6~7月。右のイワガラミと似ていて、良く比較されますが、装飾花の花弁の数が違うので、花が咲けば区別に迷うことはありません。(でも私の悩みはどっちがどっちだったっけ、なんです)
葉の鋸歯もイワガラミは片側が20個以下、と少ないとのこと。
葉がツルアジサイの方が丸っこいですが変異が多いので要注意ですね。
側脈の毛もイワガラミの方が多いです。(しまった、葉裏をとるんだった!)
⑦ツルアジサイ イワガラミ 比較
若葉の頃は鋸歯のの数の違いが比較的はっきりしています。
相違点をよくわかった飢えで、しっかり写真を撮って、もう一度比べてみたいものです。
⑧DSC06222比較
帰ってきてからいろいろなシーンを取り逃していたのに気づくのは毎度のこと。でもめげずに、ツルアジサイのように上に向かって伸びていきましょう。
高いところからの眺めは素晴らしいでしょうね。いつかそういう視野を持ちたいものです。
  1. 2011/05/26(木) 23:22:52|
  2. 植物
  3. | コメント:0
<<エゾのフェニックス2 | ホーム | 覚りを開けますか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エイチツーオー

Author:エイチツーオー
ただいま海外シニアボランティアとしてモンゴルに派遣されています。植物と科学実験大好きです。
モンゴルではなかなか簡単に植物観察ができませんが、素敵な出会いがあったらUPします。皆様よろしく!
植物は素人ですので記事に間違いがある可能性があります。間違っていましたら教えてくださいませ。この場でまとめながら勉強したいと思っています。よろしくお願いいたします。

ようこそカウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (4)
植物 (105)
その他 (1)
動物 (2)
写真 (1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。