H2O わくわく発見記

主に植物、科学、国際協力などの分野で出会ったこと、感じたことなどをまとめていきます。今日はどんな出会いが待っているでしょう?いくつになってもワクワク!みなさまよろしく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サルも木から・・・・

①DSC03261
落ちずに、木に登っているサルトリイバラのお話です。
今が花盛りです。サルトリイバラも雄花、雌花があるのですね。いや、雌雄異株なので、正確には男木と女木ですね。この写真はどちらでしょう?花を大きくしてみます
②DSC03276no2
真ん中の柱頭が3つに分かれていますね。女木でした。それにしても花弁が飴細工のようで美しいこと!!
③冬芽断面
今年はサルトリイバラも冬芽を観察し、これが芽吹く春になるのを待っていました。
冬に、蔓状の枝の節々にある、葉柄だけが残ったように見える部分、ここのふくらんだ部分の内側に芽が隠されていたのを知ったのです(黄色で矢印をしたところが冬芽)。外のさやの部分は堅くて、中を見るために外側をカミソリで切っているうちに手の方を切ってしまったぐらい堅かったです。
苦労して葉柄の根元から取りだした芽が左側。かわいそうだけれどもそれを切って中を見せてもらいました。するとなんと、中には折りたたまれた葉と共に小さいつぶつぶの花芽がちゃんと用意されているではないですか!ちょっと衝撃でした。この時以来、サルトリイバラの枯れ枝のような蔓が、生命を隠した魔法の枝に見えるようになりました。もう一度前の写真を見てください。前の写真の花も、葉も、蔓も、芽の部分から広がるすべての部分がこの小さい芽の中に隠されていたのです!
④ヤマガシュウ連結
山で同じ科のヤマカシュウの冬芽にも出会いました。こちらは中を見ませんでしたがきっとサルトリイバラと同じだろうと推測がつきます。白い○の部分が「芽」だったわけですが、これもまた葉も花も蔓もすべてが1つの芽から出ていることがわかりますね。見たヤマガシュウも女木でした。
④サルトリイバラre
サルトリイバラにはもう一つ驚いたことがあります。
これはサルトリイバラの果実の様子。赤い実が美しく、きっとこれには出会ったことがあるのではないでしょうか。昨年の冬に、果実の中を見るのにはまりました。この果実の中からどんな種子が出てくるのでしょう?小さい黒いつぶつぶかな?それとも種子が一つだけ?どんな形かな?ワクワク!
⑤サルtoriibara
そして出てきたのがこれです。赤い実に入っている種子はつるんと丸い種子が1つだけ。ただ、色が意外でした。黒や時たま白いものは多いですが、種子が赤いものなんてほとんどありませんでしたから。果実も外から見たらジューシーなのかと思ってましたが、さわると皮がパリパリなのも意外。
⑥ヤマガシュウ果実全体tr
さて、ヤマカシュウの方はどうでしょう?これはヤマカシュウの果実です。なんと真っ黒!サルトリイバラが赤い実で赤い種子、ということはこっちは黒い実で黒い種子かな?
⑦ヤマガシュウ 種子
な~~んと、これも真っ赤でございました。ちょっと透けている感じがたまりません。よくお知り合いにならないとわからないことがいっぱいあるのね!

サルトリイバラもヤマカシュウも雌花しか持っていないので、次は男木さがし。誰ですかー、よっぽど男に縁がないんだろう、なんて言ってるのは。
冗談はさておき、私はサルトリイバラは「ユリ科」だとばかり思っていましたら。APG分類体系ではシオデ科になっていました。シオデ科のシオデ属にはサルトリイバラ、ヤマカシュウのほか、オキナワサルトリイバラ、ササバサンキライ、サツマサンキライ、サルマメ、シオデ、タチシオデ、トキワサルトリイバラ、ハマサルトリイバラ、ヒメカカラ、マルバサンキライが入っていました。同じ科の中にカラスキバサンキライというのもあります。知っていて写真がそろっていない種も、初めて聞くよ~という種もありましたが、南の方で撮影してきた何種かがあるので、次にご紹介します。乞うご期待(というほどのものでもないですが)。

PS.ネットでいろいろ調べていたら、「サルトリイバラストーリー」という記事があり、三宅島で濃い火山ガスが降りてきても枯れず、唯一元気に生育する植物がサルトリイバラで、島のサルトリイバラで荒廃地を緑化したり切り花として産業化する計画がある、というお話が出ていました。興味深いお話でした。
  1. 2011/04/25(月) 07:53:36|
  2. 植物
  3. | コメント:0
<<サルも木から2 | ホーム | 犬も歩けば・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エイチツーオー

Author:エイチツーオー
ただいま海外シニアボランティアとしてモンゴルに派遣されています。植物と科学実験大好きです。
モンゴルではなかなか簡単に植物観察ができませんが、素敵な出会いがあったらUPします。皆様よろしく!
植物は素人ですので記事に間違いがある可能性があります。間違っていましたら教えてくださいませ。この場でまとめながら勉強したいと思っています。よろしくお願いいたします。

ようこそカウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (4)
植物 (105)
その他 (1)
動物 (2)
写真 (1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。