FC2ブログ

H2O わくわく発見記

主に植物、科学、国際協力などの分野で出会ったこと、感じたことなどをまとめていきます。今日はどんな出会いが待っているでしょう?いくつになってもワクワク!みなさまよろしく!

モンゴル ホスタイ国立公園 動物編

1 SDSC02846
モンゴルホスタイ国立公園に行ってきました。ここは野生の馬タヒで有名です。いったんは絶滅してこの地からいなくなったのですが、オランダの動物園など動物園にいたタヒをもどしてもらって、再びこの地でよみがえりました。モンゴル版トキみたいな感じ。
 初めは十数頭だったタヒもいまでは300を上回る数になっているとか。ただ広大な大地の中で見つけるのは難しいので、朝と夕方清水のわき出るところに水を飲みに来るのを見るのが一番楽なようです

夕方5時にキャンプを出発して水飲み場の方に向かうと、遙か向こうの山の中腹で動く点。サイバーショットで拡大してみたらタヒでした。
2 SDSC02811
草を食べながら、ふざけ会いながら水飲み場に向かっています
3 SDSC02777
5 SDSC02783
7 SDSC02798
生き生きと自由なタヒをお楽しみいただけましたか?
今度は水を飲むタヒです
8 SDSC02856
9 SDSC02858
10 SDSC02854
1頭幼い子馬がいて一生懸命群れについて歩いていました。昨年は2頭子供が生まれ(多分さっきふざけていた2頭。雄だったら群れから追い出されるはずなので、2頭とも雌かな?)、今年はこの子1頭だけだそうです。厳しい自然の中で大人にまで育つことが出来るのは3分の1だそう。がんばれ、子馬君
11 SDSC02872
なぜか後ろ足をなめる子馬君。別の子馬もこれをしていました。親馬は出来なさそうですね。とにかく可愛い!
12 SDSC02920
平らな草原ではガゼルの姿を見ました。
13 SDSC03045
走ると宙を飛んでいるようでものすごい速さ。
14 SDSC03048
こちらは別のガゼルです。見られたのはラッキー!
15 SDSC03052
前にも紹介した絶滅危惧種のタラバガン、ここにはたくさんいました。大げさではなく2日間のうちに100回以上見たと思います(おなじタラバも数回見ているとは思いますが)。本当に絶滅危惧?と思うのですが、もうこうやってたくさんいる場所が少ないのかも
タラバガン君、警戒中
16 SDSC02769
時々立ち上がってみています。
17 SDSC02748
危険を感じると穴に向かってダッシュ!! あたふたとした後ろ姿がまた、いい!
18 SDSC02993
必死、必死。
19 SDSC02732
で、穴に入らないでこちらを伺っているときもしばしば。とても好奇心の強い生き物です
20 SDSC02745
穴に家族で暮らしています。寝室、食堂、子供部屋、トイレ。アリスになってみてみたいものです
21 SDSC02949
この時期は子供がいるので狩猟禁止。右手に小さい子供の姿
22 SDSC02985
お母さんに甘えています
23 SDSC02987
一緒に見張り
24 SDSC02988
草食動物なので360℃見えるはず。
25 SDSC02989
こちらは「長尾ジリス」のゾラムくん。こちらも水を飲みに来た馬に興味津々。マーモットの仲間のタラバガンとの違いがわかりますか?ゾラムの法がほっそりして小柄です。顔も違いますね
27 SDSC03060
隠れたつもりのゾラム
28 SDSC02841
偶然野ウサギとタラバガンの戦いのシーンを見ました。縄張り争いです。怒っているタラバガン
29 SDSC02672
モンゴル語で野ウサギをトーライといいます。耳の模様がおしゃれですね
30 SDSC02676
これは猛禽類 翼を広げたら1mは超す大きな鳥
31 SDSC02765
こちらはいい声で鳴いておりました
32 SDSC02945
姿はエレガントですが立っている場所が、ねえ・・・・・
33 SDSC02955
長々とおつきあいお疲れ様でした。次回は植物編です。
スポンサーサイト



  1. 2012/06/08(金) 20:47:15|
  2. 動物
  3. | コメント:0

ヤッタァ! ベストショット!?

桜の木にメジロが来て盛んに飛び回っていました。
自分の目で見るより、サイバーショットを望遠鏡代わりにして見た方が早いので、カメラを向けました。
DSC02374.jpg
お、凄い!メジロが花の蜜を吸うところが撮れた!ベストショット!?
でもぶれてしまったのでもう一度。
DSC02375.jpg
今度はピントがあったけれど蜜を吸うところは撮れませんでした。
「やっぱりさっきのは決定的瞬間。偶然凄いのが撮れてしまった!」
と、偉そうに周りの方々に見せていたら、優しい皆さん、凄い凄いと言ってくださり、意気揚々。
そして、みんなでメジロを観察。
私もまた何となくメジロを追って写真を撮ってみたら、
DSC02376.jpg
なんとまたメジロが蜜を吸っているところが写っていました。な~~んだ、ちっとも“決定的”なんかじゃなく、普通に撮れるショットだったのネ。ションボリ。
ビロードクチナガアブ
これはビロードツリアブ。
博学なIさんに教えていただきました。春先にだけ見られるアブだそうで、長い口吻で蜜を吸っているのだそうです。羽根を高速回転して空中に止まり、上からつり下げられているようなのでツリアブ。目の間が離れているこれは雌、くっついていると雄なのだそうです。
ちゃんとホバリングし、長い口吻で蜜ではなく、水を吸っている様子が写りました。
ベストショット!?
これもネットで調べたらもっともっと凄い写真がたくさんありました。う~~ん。
ソメイヨシノにつきS
夕方になって、帰り道、空を見上げると月が出ていました。ソメイヨシノと月、なんかいいぞ!
いい写真だな~~と喜んでいたら、サイバーショットの作品を掲示する掲示板に、似ているけれど、もっと鮮やかな凄い写真が出ていて・・・・ショック。

教訓・・・そんな簡単に「凄いぞ!」写真は撮れない。ぬか喜びはほどほどに。
でも頑張っていたら、いつかきっと・・・・・・・チャンスは歩いてこない、捕まえてやらなくちゃ!
  1. 2011/04/17(日) 00:03:21|
  2. 動物
  3. | コメント:0

プロフィール

エイチツーオー

Author:エイチツーオー
ただいま海外シニアボランティアとしてモンゴルに派遣されています。植物と科学実験大好きです。
モンゴルではなかなか簡単に植物観察ができませんが、素敵な出会いがあったらUPします。皆様よろしく!
植物は素人ですので記事に間違いがある可能性があります。間違っていましたら教えてくださいませ。この場でまとめながら勉強したいと思っています。よろしくお願いいたします。

ようこそカウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (4)
植物 (105)
その他 (1)
動物 (2)
写真 (1)